武田薬品工業、島津製作所、ゾディックの仕手株

ソディックは3Dプリンター関連銘柄として、株価が上昇して仕手化し400円近辺を推移していた株価があっという間に、2000円近くまで上昇することになりました。
しかし、その後は株価が急落し1000円前後を推移することとなったのですが、材料が出たとはいえなぜゾディックは仕手株化し島津製作所や武田薬品工業などの銘柄は仕手化することがないのかと疑問に思ったこともある人はいるのではないでしょうか。

それは企業の規模に答えがあり、仕手を成功させるには安値で買い集めた株を高値で売りさばくことが重要となるのですが、仕手筋というのは高値で売りさばくために株価を自ら吊り上げます。
仕手筋は資金力が豊富であるため株価の吊り上げを行うことができるわけですが、それでも資金には限りがありますから島津製作所や武田薬品工業のような大型株ともなれば簡単に値を吊り上げることは難しいものとなってしまいます。

しかし、ソディックの場合には材料がでて急騰をするまでは時価総額が200億円程度の小型株であったこともあり、3Dプリンターの材料に目を付けた仕手筋が参入して大相場を展開することとなったのです。
通常仕手株というのは事前に株を集めてから株価を吊り上げ、売りつけるのですがソディックの場合には材料がでて相場が盛り上がっているところに相場が加熱するように株を買い上げその中で株を買い集め高値になったところを仕手筋は売りぬいています。
このようにソディックが仕手化した、理由というのは元々の時価総額が小さいことがあり、また材料が出たことで株価を吊り上げてくれる投資家が多いことから、それに便乗をして仕手筋が参入しソディックは仕手株化することとなったのです。