新規上場企業や富士ソフト等は仕手株の標的になりにくい

仕手株というのは自ら相場を操縦して株価を吊り上げ、高値で売り抜けることを目的とした株となります。
一般投資家であれば株価を吊り上げるほどの資金力がありませんから、仕手株を行う集団というのはかなりの資金力を持っていることになりますが、それでも限度があるため仕手株化できる銘柄というのは限られています。

それではまずどのような銘柄が仕手株として選ばれやすいのかというと、業績も悪く時価総額も小さくてあまり注目を集めていないような企業となります。
このような企業の場合、玉集めが終わった後に株価を吊り上げやすいため、仕手筋に狙われやすい銘柄となっているのです。

それでは逆にどのような銘柄が狙われにくいのかというと、新規上場企業のように上場したばかりの企業や富士ソフトのように東証一部の時価総額が大きな銘柄となります。
まず、仕手を行うには安い段階で玉を集めなければなりませんが、新規上場企業の場合その玉集めが困難となりますから、仕手株価しづらいものとなっています。
ただし、新規上場企業の株は短期間で大きく値動きをするだけに、短期的な値幅取りに資金力が大きな投資期間などが参入することが多く、結果的に仕手株のような動きを見せることは珍しくありません。

次に富士ソフトのような東証一部の銘柄ですが、こちらは時価総額も他の市場と比較して大きなものとなりますから、玉集めをした後の株価の吊り上げがよほどの資金力が無いとできません。
仕手筋といえども資金が無限にあるわけではありませんから、富士ソフトのように東証一部の時価総額の大きな銘柄というのは、仕手株として選ばれづらいものとなっているので、仕手戦に巻き込まれたくないのであればこのような銘柄に投資をするというのもひとつの方法になります。