イオンの株価急騰には仕手株を疑うべき理由について

株取引で儲けを出すには、買った時よりも高い値が付いた時に売却する事です。ですが投資家の多くがそんな形で、出来るだけ安く株式を購入して、高く売ろうと考えています。なのでそんな思惑が反映する形で、株価が目まぐるしく上下する銘柄も少なくありません。ですが安定して株取引で儲けを得たいなら、そんな株価の変動を先読みする必要があるのです。
もっとも、仕手株の存在がそんな株価の先読みをより困難にしています。仕手株とは、株取引を扱うプロ集団が豊富な資金力を用いて、特定の株式を一気に購入して、株価を釣り上げようとする銘柄の事を言います。具体的には、プロ集団が株価を買い集める事で、投資家達の注目をその銘柄に集め、彼らがその株式を購入する様に誘導するのです。そうして狙い通り、買い注文が入り、釣り上げに成功した所で、今度は一気に売却して利益を得ます。
そんな仕手株ですが、銘柄選びに失敗すると逆に大きな損失が出る事になるのです。そのためプロ集団も、知名度の低い新興企業の株式ではなく、イオンの様な知名度の高い銘柄を狙うケースが少なくありません。というのもイオンならば、既に長期間、株式を上場し続けているという確かな実績があります。しかもその間、ある程度安定して株価を維持し続けていたという安心感があるので、急騰を怪しみながらも、ついつい手出しする投資家も少なくないです。というのもイオンの株式ならば、急騰の反動で下落を開始しても、ある程度の所で下げ止まるという安心感も得られます。
しかも株取引に慣れた投資家の中には、プロ集団の思惑を読みつつ、敢えて仕手株に手を出して、上手く売り抜けて儲けを出そうとする人もいます。もっとも初心者が仕手株の先読みを行うのは難しいので、イオン株価が不自然に急騰を始めた際は、下手に手出ししない方が良いです。