アイロボットとニッコウトラベルの仕手株について

株式市場で利益を上げる方法には、定番として配当金額を受け取ることです。
企業は、利益を追求した活動を行っています。
そして、利益が出れば、その範囲内で株主に対して、配当を行います。日本では、バブル崩壊後には、銀行などで定期預金をしても、低金利なためほとんど利息がつきません。ゼロ金利政策を続けているので、銀行に預金しても、何にもならないため、多くの資金が株式市場に流れてきています。配当利回りの方が、数%の配当をしている企業が多いので、配当だけでも利益は出せます。
次に定番なのが、譲渡益狙いです。安く株式を購入して、高く売る。単純ですが、将来性をある株式を安い間に購入して企業利益が出始めると株価も上昇し、上昇した時点で売却すれば利益を手にすることができるのです。
逆に、株式が高いうちに売却しておいて、安くなった時点で買い戻す手法もあります。
通常であればこうした方法が利益を追求する方法ですが、仕手株と言われたアイロボットとニッコウトラベルは、企業業績が低迷しているにもかかわらず、株価は急激な値動きをするのです。
仕手株は、仕手筋と言われる集団が資金量に物を言わせて、大量に株式を購入して株価を吊り上げていくのです。もともとの発行株式数量も少ないので、少し買い集めるだけで株価はあっという間に上昇するので、他の投資家も遅れてならないという感じで、取引に参加してきます。こうした仕手株とも知らない投資家が参入してきた間に、仕手株自体を売り抜けていくのです。巨大な資金を持っていて成立するものですが、後から参戦した投資家の多くは損失を被っているのが現状です。仕手株で利益を手に出来るのは、原則は仕手筋だけなのです。